シチズン・デベロッパー

ビジネスの専門家が大きな影響力を持つソリューションを構築できるようにします。

シチズン・デベロッパーのニーズ

シチズン・デベロッパーとは、IT技術者が承認したテクノロジーを使用してアプリケーションを構築する、コーディングの経験がほとんどないかまったくないビジネスユーザーを意味します。エンドユーザーが独自のソリューションを作成するというコンセプトは新しいものではないかもしれませんが、組織はより強力なツールで市民開発者を支援することの潜在的な影響を理解しています。組織は市民開発の価値に気づいています。最近のGartner社のレポートによると、61%の組織が、シチズン・デベロッパー増加にすでに積極的に取り組んでいるか、取り組む予定でいます。

シチズン・デベロッパーのニーズが高まっている理由:

IT部門のニーズ

企業のデジタル化の取り組みはさらに成熟しています – CIOの40%がデジタル化に取り組む規模に到達しており、2018年からデジタルトランスフォームを行った企業の割合は2倍以上になっています。より成熟したデジタル・ビジネスモデルは、終わりのないITバックログをもたらします。調査によると、ITリーダーの77%、ビジネスリーダーの71%が、IT部門には新たなITソリューションの要求が続々と届く一方で、その構築開始には至っていないことを認めています。IT部門は、技術的な観点から組織を稼働させ続けるだけでなく、既存のITインフラをモダナイズし、新しい基幹業務アプリを構築して組織のデジタル・アジェンダを推進するという大きなプレッシャーにさらされています。

ビジネス部門のニーズ

一方、ビジネスユーザーは、表計算ソフトやデスクトップのデータベースなど、時代遅れの方法で問題を解決しています。また、ビジネスユーザーによる未チェックの開発が横行したことに、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)アプリケーションのブームも重なり、IT部門が可視化できない複雑なソリューションのネットワークが形成されています。

画期的なシチズン・デベロッパー

ITが新しいソリューションを納期通りに提供できないことによるビジネスへの影響を考慮すると、シチズン・デベロッパーの台頭を予測できます。

IT部門が新しいITソリューションをタイムリーに提供できないと、ビジネスはどのような影響を受けるでしょうか?

  • 前向きな社員の間でのフラストレーション

  • 主要な戦略目標を達成できない

  • コスト削減の機会喪失

  • 競争上の優位性の喪失

シチズン・デベロッパーのメリット

シチズン・デベロッパーを通じて、ITはビジネスのパートナーとなり、より迅速で手間を省きながら、組織が必要とするソリューションを構築できます。ビジネスユーザーは自分のドメインを誰よりもよく知っており、ユーザーとの協働によって、適切なプロセスとテクノロジーを確実に導入することができます。適切に実行するなら、シチズン・デベロッパーは助けになります。

増え続けるアプリのニーズに対応

今日、すべての企業はソフトウェア企業であり、業務効率を高め、イノベーションを推進し、収益を生む、より多くのアプリケーションを必要としています。IDC社は、2023年までに5億を超えるアプリが開発されると予測しています。これは、過去40年間に開発されたアプリの数と同じです!リソースに限りがあるIT部門は、ビジネスが必要とするアプリを時間内に構築することはできません。シチズン・デベロッパーはこの課題を克服するための最善策です。

高スキルの開発者不足に対処

ソフトウェア開発者の失業率は1.9%未満であり、市場では高度なスキルを備えた開発者が不足しています。深刻な人材不足はIT部門へのさらなるプレッシャーとなっています。正式なシチズン・デベロッパープログラムを採用している組織は、技術的バックグラウンドのない意欲のあるビジネスユーザーを支援して、差し迫った問題を解決するためのアプリを構築できるようにすることで、人材不足の課題に正面から取り組んでいます。

シャドーITを管理

最近の調査で、IT部門とビジネスリーダーの78%が、過去5年間でシャドーITが大幅に増加していることに同意していることが確認されています。シャドーITの存在はほとんどの場合良いもので(実際、それは本当です)、チェックしないままで放置すると、技術的に未開拓な領域を生む可能性があります。その代わりに、IT部門は市民開発などのプログラムを使用して、それを管理する必要があります。認定された市民開発プログラムが実行されると、これらの必須アプリは、すべてIT部門承認済みプラットフォーム上に構築され、IT部門には品質とセキュリティを維持および監視するために必要となる可視性と管理権が付与されます。

IT部門とビジネス部門の生産性を向上

シチズン・デベロッパーは、ビジネスユーザーに必要とされる基本的な生産性アプリを構築するための承認済みテクノロジーとITサポートを提供します。シチズン・デベロッパーが独自のアプリを作成する時の作業の効率性向上、企業の運用コスト削減、ITバックログの削減を支援します。次に、IT部門は、レガシーモダナイゼーション、コアシステム拡張、エンタープライズ全体のアプリケーションなど、より技術的に複雑なプロジェクトに全力を集中できるようになります。

部門間の壁を撤去

企業が成長するにつれて、組織内の部門間の壁も成長します。すでにIT部門とビジネス部門の間には断絶が存在します。市民開発は、ビジネスユーザーとプロの開発者の協働の機会を作り出すことで、この断絶を修復するのに役立ちます。たとえば、シチズン・デベロッパーがIT部門の承認済みツールで構築しているアプリが複雑になってきた場合、プロの開発者を招いて、同じツールで複雑な箇所の構築を手伝ってもらうことができます。

シチズン・デベロッパーを採用する際のMendixのご利用方法

シチズン・デベロッパーを成功させる鍵は適切なテクノロジーを選択することです。IT部門は、組織のニーズを検討し、ビジネスとともにテクノロジーを選択し、より多くの人々がソフトウェアを適切に構築できるようにプロセスを定義する必要があります。Mendixローコードプラットフォームは、独自のポジションを確立し、シチズン・デベロッパーの取り組みにおけるニーズを満たします。

  • 簡素化された開発環境

    AI支援開発ツールによってサポートされるすべての開発者向けIDE。シチズン・デベロッパー向けのStudioと、プロの開発者向けのStudio Proが用意されています。

  • 再利用可能なコンポーネント

    プロの開発者の作業を、再利用可能なドラッグ&ドロップモジュールとして活用します。

  • コラボレーション

    搭載ツールを使用して、複雑な機能や統合でプロの開発者とコラボレーションします。

  • 強力な開発基盤

    Mendix StudioとMendix Studio Proをシームレスに同期して、Mendixプラットフォームの全機能を活用します。

  • ガバナンス

    プラットフォームに内蔵されたガードレールによって、制御を維持し、ローコードツールの無秩序な採用を防ぎます。Mendixコントロールセンター(Mendix Control Center)を使用して、ソリューションのランドスケープを把握します。

  • 価値実現に向かって加速

    結果を迅速に得て、重要なアプリが構築されないというリスクを低減します。

シチズン・デベロッパーの例

Yasmijn Joosten氏は、Mendixで物流への情熱を高めています

T組織が適切なテクノロジーを採用することで、シチズン・デベロッパーは、アプリを適切に提供および構築できるようになります。Yasmijn Joosten氏の例をご紹介します。Yasmijn氏はソフトウェア開発の経歴がなくても、世界有数の物流企業の1つであるKuehne+Nagelで業務効率を向上させるアプリケーションを開発することができました。Yasmijn氏が構築したアプリの1つは、倉庫作業員が効率的に作業するのに役立っています。既存の手動プロセスを自動化し、ウェアラブル・テクノロジーも活用します。

新しいアプリは、Kuehne + Nagelの時間を節約し、配送エラーの潜在的なコストを削減し、よりデジタル化された作業方法をサポートします。

“アプリ作成は、製品が成長し、お客様にとって付加価値のある製品に変わるのを見ることができるので、とても気に入っています。”

Yasmijn Joosten
MENDIXソリューション開発者
Kuehne + Nagel

FAQ

  • シチズン・デベロップメント(市民による開発)とは何ですか?

    シチズン・デベロップメントとは、コーディングの経験がほとんどないかまったくないビジネスユーザーが行う開発を意味し、ローコードなどのIT技術者が承認したテクノロジーを使用して、日常的な生産性や既存のビジネスプロセスを改善するシンプルなビジネス・アプリケーションを構築します。

  • シチズン・デベロップメントはなぜ重要なのですか?

    すべてのビジネスでアプリのニーズが高まっています。IDC社は、2023年までに5億を超えるアプリが開発されると予測しています。一方で、ビジネスにおいては、業務を効率的に実行するためにアプリを必要としています。他方、IT部門は新しいアプリの需要を満たすことができません。スキルを備えたリソースは限られており、未対処のソリューション要求の膨大なバックログが存在します。IT部門が対応できない場合、ビジネスに悪影響を及ぼします。シチズン・デベロップメントを通じて、ビジネス部門とIT部門は共にパートナーとなり、より迅速で手間を省きながら、組織が必要とするソリューションを構築できます。さらに、シチズン・デベロップメントはIT部門がシャドーITを管理するのにも役立ちます。

  • シチズン・デベロッパーとは何ですか?

    シチズン・デベロッパーとは、企業のITによって認可されたローコードなどの開発ツールを使用して、他のユーザーが使用するための新しいビジネス・アプリケーションを作成するユーザーです。

  • シチズン・デベロップメントは誰のために行うのですか?

    通常、データ収集、承認、日常的な処理業務を行う運営やカスタマー・サービスなどの部門は、正式なシチズン・デベロップメント・イニシアチブの恩恵を受けます。個人レベルでは、かなりの技術的知識と対象分野についての深い専門知識を持ち(ビジネス・アナリストやIT部門以外の運営チームのメンバーなど)、アプリ作成に意欲がある社員には、シチズン・デベロッパーになる適性があります。ただし、適切なツールとトレーニングを活用することで、組織内のどの部門でも市民開発の恩恵を享受できます。

  • シチズン・デベロップメントはどのように管理しますか?

    シチズン・デベロップメントを効果的に機能させるためには、組織が市民開発プログラムを正式に制定することが重要です。認定されたシチズン・デベロップメント・プログラムが実行されると、これらの必須アプリは、すべてIT部門承認済みプラットフォーム上に構築され、IT部門には品質とセキュリティを維持および監視するために必要となる可視性と管理権が付与されます。IT部門は、組織のニーズを検討し、ビジネスとともにプログラムの範囲を定義し、より多くのビジネスユーザーが適切な方法でアプリを構築できるように、適切なテクノロジーを選択する必要があります。

  • 企業は、どうすればシチズン・デベロッパーをもっと活用できるでしょうか?

    より多くのシチズン・デベロッパーを支援するためには、適切なテクノロジーを選択することが重要です。IT部門は企業とともに、組織のニーズを特定し、シチズン・デベロップメント・プログラムの範囲を定義し、適切なツールを選択する必要があります。さらに企業は、シチズン・デベロップメント・イニシアチブが良好に進行し続けるように、適切なトレーニング、継続的なIT部門のサポートとガバナンスを提供する必要があります。